杉戸宿ホーム

ようこそ杉戸宿へ

浮世絵『日光道中杉戸』


浮世絵『日光道中杉戸』

 
この浮世絵は安藤広重の作と伝えられる。タイトルは「杉戸宿」となっているが、宿内ではなく清地村・近津神社東側一帯にあった弁天池を描いているとの説がある。

街道沿いに残る古民家群


街道沿いに残る古民家群

 
杉戸宿には古い民家が比較的多く残されており、特に横町~上町近郊に多く点在している。しかしながら老朽化などにより徐々に数を減らしており、その面影が失われつつある。

『水のまち』杉戸


『水のまち』杉戸

 
杉戸には河川や灌漑・治水のための水路が縦横に張り巡らされている。日光街道に併走する南側用水路もそのひとつで、いまでは暗渠化され、「みなみがわ散策道」として憩いの場となっている。

レトロ商店のまちなみ


レトロ商店のまちなみ

 
近代に入り、宿場町としての役割を終えた杉戸であるが、駅前通りや街道沿いの看板や建築、そして印象的な外観の古川橋などに、町場としての繁栄の面影を感じることができる。

 
 
 

杉戸宿の歴史 杉戸宿の歴史日光街道すぎと七福神めぐり 日光街道すぎと七福神めぐり 日光街道すぎと宿場めぐり 日光街道すぎと宿場めぐり

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check